FC2ブログ





RI0B from AS-121

ごく短時間ですがやっと呼べる強さになったので必死で呼びました。確率50%ですが、、、
色々な周波数でリポートされていますが、ご本尊がなかなか聞こえません。FT8 pedition modeでもでているようです。
7027.6
10120、10.136、10144
14020、14025、14030、14095、14260
18073、

SS2018-09_052.jpg


[ 2018/09/11 08:15 ] IOTA | Trackback(0) | Comment(0)

今日のスケッチポイントは、

残暑厳しい折、気分一新 町田 薬師池公園の紅葉を写真から描きました。気持ちはもう秋です。ここは時々出かける薬師池公園のなかでもお気に入りのスケッチポイントです。

20180908_2.jpg


[ 2018/09/08 16:11 ] Sketch | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 自動更新

2018/09/09
自動更新が復活しています。


現在の最新版はver3.50.364ですが、下記の理由で自動更新が一時的にストップしています。
ver3.50.364の自動更新の途中でエラーとなり、Logger32のフォルダにあるべきLogger32.exeが消えてしまうという報告がありました。その後の様子を見て再開されると思います。

・ Windowqsのupdateは必ずやってください。Defenderのウィルス定義ファイルのupdateも含まれています。常に最新の定義ファイルにして下さい。
・ Windows Defenderのチェック対象から外すため、除外リストにLogger32.exeを追加してください。
・ Logbookを毎日ADIFでexportするようにしてください。万一の場合、このADIFがあればLogbookを復活させることができます。
・ Logger32.exe、Logger32autoinstaller.exeは、必ず管理者権限で起動するように設定してください。

[ 2018/09/08 08:12 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 日本語ヘルプ

Logger32 ver3.50.364対応版をuploadしました。
主な変更箇所は、
・ UDP BandMap (Start メニュー追加等)

Logger32 日本語ヘルプ

[ 2018/09/05 10:18 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

お譲りします MSI U-100 ノートブックパソコン

売却済

IMG_20180904_171501.jpg

MSI U-100 主な仕様は以下の通りです。
・ 購入時期 2009年12月、2015年9月にバッテリ交換 動作上の問題なし もっぱら海外運用時に持参したもの
・ 画面大きさ 10インチ
・ 画面解像度 1024x600
・ CPU ATOM
・ メモリ 2GB
・ ストレージ SSD 120GB
・ 無線LAN内蔵
・ インストール済OS Windows 7 Home Premium SP1
・ インストール済アプリケーション FireFox最新版、Internet Explorer 11 その他Windows 7標準
・ ヨコxタテ 約26x18cm
・ 重量 約1.3Kg
・ 色 クロ
・ その他 USB 2.0 x3、有線LAN内蔵、ミニSDカード内蔵、15ピン D-SUB、音声入出力

付属品 Windows 7 Home Premium DVD (正規プロダクトキー付き)、専用ACアダプタ



[ 2018/09/04 16:05 ] PC | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 次期バージョン(補足)

私は、WSJT-X/JTDXでQSOをログした時、同時にそのQSOをLogger32にログするために、常にWSJT-X/JTDXとLogger32を開きます。どちらも、例えばIC7300とCATのやりとりが発生しますが、同じCOMポートを指定することはできません。このためにVSPEのSplitter機能を使い、見かけ上同じCOMポートを使えるようにしてあります。
しかしこの仕組みで、相手がTS590、TS480では問題なく動作しましたが、K3、IC7300ではWSJT-X/JTDXが頻繁に接続エラーになります。WSJT-X/JTDX側でpolling intervalを最大の99secにするとエラーの頻度は減りますが完全ではなく、予期せぬ時にエラーとなって慌てます。そのため、今まではWSJT-X/JTDXを使う時は必ずLogger32のradioポートをクローズして使っていました。

次期バージョンのUDP BandMapのStartメニューは次のような動作が可能です。但し直接WSJT-X/JTDXを起動したり、閉じたりするとこの通りの動作にはなりません。

1. Logger32を起動し、radio ポートを開きます。(WSJT-X/JTDXを使わない場合の通常動作)
2. UDP BandMapを開き、StartメニューのWSJT-X、或はJTDXをクリックします。
3. Logger32のradio ポートは自動的に閉じられて、WSJT-X、或はJTDXが起動します。

WSJT-X、或はJTDXのタイトルバーの表示内容が変わり、"X"が非表示になります。

UBM_11AB.jpg

4. UDP BandMapのStartメニューでチェックが付いている項目(現在起動中のWSJT-XなりJTDX)をクリックします。
5. WSJT-X、JTDXが終了し、Logger32のradio ポートが自動的に開きます。

この手順を踏んで操作した場合、WSJT-X/JTDXが開く前にRadioにやらせておきたいこと、終了後にRadioにやらせたいことをマクロで指定しておくことができます。Radio-1がK3、Radio-2がIC7300の例です。
Radio-1の場合、WSJT-X/JTDXが開く前にK3のSplitをOFF、パワーを50W、終了後にパワーを100Wにしています。
Radio-2の場合、開く前にIC7300のSplit OFF、NB OFF、NR OFF、パワーを50W、終了後にパワーを100Wにしています。
これらのマクロはRCPで使えるマクロが使えます。

SS2018-09_023.jpg

これらの動作を確実に行わせるために、WSJT-X/JTDXはXP互換モードは使えません。

WSJT-X/JTDXを使う場合、Logger32を同時に使う主たる目的はLogger32に同時にログするためです。従って必ずしもLogger32のradio を開いておく必要はありません。
"Allow WSJT/JTDX ト set frequency/mode"の機能を使えば、WSJT-X/JTDXで周波数、モードを変えるとLogger32の周波数、モードはこれに追従します。

[ 2018/09/01 08:47 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

Logger32 次期バージョン

UDP BandMapに次の機能が追加されます。

・ メニューに"Start"が追加されます。
"Start"をクリックすると、もしWSJT-X、JTDXがインストールされていれば、WSJT-X、JTDXが表示されます。どれかをクリックすればそのプログラムを起動することができます。また同じ項目をクリックすればそのプログラムを終了することができます。

UBM_11B.jpg

固有のRadio名(unique radio name)を使った新たな項目を追加することもできます。

UBM_11C.jpg

・ Configメニューに"Allow WSJT/JTDX to set frequency/mode"が追加されます。
チェックしておけば、Logger32の周波数、モードをWSJT-X、或はJTDXで選択した周波数、モードにセットします。但し、Logger32のRadio portはクローズでなければなりません。バンドによりアンテナを自動切替させているような場合に便利です。

UBM_6AA.jpg


[ 2018/08/31 06:10 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

MSI U-100

このPCは、このところ海外運用を中断しているためにすっかり出番が無くなりました。Intel Atom CPU、メモリが2G、OSはWindows 7です。
次回何処かに出かける時は間違いなくFT8で運用するだろうといこともあって、少しいじってみることにしました。

1. HDDをSSDに変える
以前メモリを増設した時に裏蓋をあけたことがあるのですが、HDDを外すには少し手間がかかります。HDDのすぐ横に無線LANのボード(?)があり、この下にHDDを止めているビスがあります。まずこのボ-ドを固定しているビスを外し、ボードをソケットから抜きます。
ボードを抜くと、HDDを止めているビスが見えるので、これを外します。

IMG_4200a.jpg IMG_4201a.jpg

2. Windows 10は使えるか?
幸いこのPC用に買った純正のWindows 7 DVDがあります。またこのWindows 7からWindows 10にupgradeすることもできます。またいつでもWindows 7に戻すこともできます。
結局のところこのPCの仕様ではWindows 10を動かすことは難しいということが分かりました。動作も遅く、もたつきばかり。やむを得ずWindows 7で使うことにします。

3. WSJT-X/JTDXは使えるか?
このPCの解像度は1024x600です。WSJT-XにしろJTDXにしろ、高さ方向の解像度は最低でも768が必要です。600で使うとすれば、例えばwaterfallはメイン画面に隠してしまうとか、何とも使い難いことになります。
それはそれとして、実際に受信、送信がスムースに出来るかどうかだけでも試してみる予定です。


[ 2018/08/29 08:45 ] PC | Trackback(0) | Comment(0)

MSHV ver 1.83

MSHVってどんなモノかと知りたくなり、最新版をダウンロード、インストールしてみました。
簡単な設定後、こんな感じでデコードされた内容が表示されます。使い方がまだよく分かりませんが

Screenshot2018_01292.jpg

メニューからOptionをクリックすると、ここに"Multi Answering Auto Seq Protocol FT8"という項目があります。これをクリックすると画面右下の表示が変わります。

Screenshot2018_01295.jpg

ここをよく見ると、"TX Slots: N"というコンボボックスがありN=1~5の選択ができます。このNの値が同時送信可能な最大スロット数になります。

Screenshot2018_01297.jpg

作者のLZ2HVは、"It is recommended that you use only one TX Slot if you are not a DX expedition".と言ってますが、昨晩の3D2AGのように、呼ばれることが多い人はPeditionでなくてもN=5で同時送信したくなるでしょうネ

[ 2018/08/27 07:49 ] JTDX, WSJT-X | Trackback(0) | Comment(0)

3D2AG 40M FT8

彼もMSHVのユーザーになったのでしょうか? 或はまた違うソフトを使っているのでしょうか? 最大4波でQSOしているように見えます。しかし彼が73、RR73を送っているのはごくまれです。私はJTDXで見ているので、或はJTDXがデコードできないフォーマットのメッセージがあるのかも知れません。
と思ってWSJT-Xで見てみましたが、やはり彼はリポートばかり送っていて、ごくたまにRR73が見えます。これで多くのQSOが成立しているんでしょうか?或は彼の受信状態が良くないのでしょうか?

Screenshot2018_01287.jpg


[ 2018/08/26 22:02 ] JTDX, WSJT-X | Trackback(0) | Comment(0)