FC2ブログ





FT8+

先日K1JTがFT8 ver2.0に関する計画を発表しています。
いくつかの大きな改善を行うため、従来のバージョンとは互換性が無くなると言っています。つまり従来のバージョンのユーザーは新たなバージョンのユーザーとはQSO出来ないということだそうです。
世の中にWSJT-Xしかないのであれば彼が何をしようと勝手ですが、ある種の契約のもとにその心臓部を使っているJTDX等もあり事は重大です。
FT8が今の隆盛を迎えたのはWSJT-Xだけの努力ではなく、JTDX等の他のアプリケーションの存在、更にはLogger32等のロギングプログラムがそれをサポートしているからでしょう。(私はJTDXのUIの方が好きですが)

理屈から言えばFT8はモードではなくプロトコルです。FT8のモードはFSKでしょう? それをARRLもADIFもモードとして扱ってしまった経緯があります。更にプロトコルの異なるFT8、FT8+なりver2.0というそうですが、これはどんな扱いになるんでしょう? FT8+というモードでも出来るんでしょうか?
頭のいい人に勝手なことをやられると、恩恵を受ける人もいますが、その周りには大変な迷惑を被る人もいることを分かって欲しいものです。

スポンサーサイト
[ 2018/07/29 08:20 ] JTDX, WSJT-X | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/3851-8c9d222d