FC2ブログ





K3 RSP1A/SDRunoを使ってみる

現在K3は、そのIF出力をLP-PAN2に接続し、そのI/Q出力をPCのSoundcadの入力としてあります。PanadapterソフトはNaP3 ver3.1です。
試しにK3のIF出力をRSP1AのANT端子に接続してSDRunoを動かしてみました。別に何の設定変更をすることなく波形を見ることができます。ただ波形を眺めるだけなら十分実用になります。
しかし、SDRunoがVFO A/Bの同時使用ができないこと(らしい?)、K3のSlaveとして使うためにLogger32のSlave portを使いますが、ここも現時点ではどちらかのVFOのデータが流れるだけということから、K3をSplitモードにしてもA、Bを同時にコントロールすることができません。
NaP3はかなりK3に特化した設計になっていて、特にSplit運用時の操作もよく考えられていて、この勝負は完全にNaP3の勝ちです。

スポンサーサイト
[ 2018/07/27 14:49 ] Elecraft K3 | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/3849-9b9ab47d