FA-VA5 Antenna Analyzer

手持ちのFA-VA4がバージョンアップされ、SDR-Kitsから発売されています。また国内ではアイキャストエンタープライズから入手可能です。
主な特徴は、
・ USBインターフェースが実装されてPCにインストールしたVNWAアプリケーションからも操作できそう
・ 最大600MHzまで使える
・ その他の改善
私がよく使うSWR 5 bandとSWR Single Sweepはそのままですが、SWR Single SweepでBandを変える際にはあいかわらずボタンを何十回と押さないとダメなようです。
これに伴って価格も少しあがってしまいましたが、注文してしまいました。

Screenshot2018_00824.jpg

2018/7/14
早くも到着したので早速組立を始めました。全体にFA-VA4より少し小さくなりました。組立の最初にマザーボードにUSBインターフェースを半田付けするのですが、ここで大失敗。ボードのパッドを1ツ剥がしてしまい、結局USBインターフェースは諦め、その他の部品を全て取り付けました。恐る恐る電源を入れてみましたが、USBインターフェース無しでも動作はOKとなりました。
USBインターフェースでPCからの制御が可能になるのですが、この扱いについては代理店と相談しています。
本体動作については色々改善はありますが、何故かSWRスイープの帯域初期値が4KHzになっていて、8、16、32、64、128、256KHz等と意味ありなステップになっています。FA-VA4では初期値は100KHzで、200、400、800KHz等のステップとなっていてリーズナブルです。これは改悪としかいいようがありません。
今後のFWのバージョンアップに期待したいところですが、USBインターフェースが無いことには、、、

2018/7/17
剥がしてしまったパッドは結線されていないことが分かり、今度は慎重に半田付けしました。VNWAというソフトがFA-VA5をサポートしているので早速インストールしてみました。
FA-VA5をUSBケーブルでPCにつなぐとFA-VA5はUSBモードになります。そこでVNWAから任意の周波数スパンでSWRのスイープをさせることができます。本体で見るよりはずっと見やすくなります。
これは現用のDipoleの7と14MHzの特性、、、

Screenshot2018_00835.jpg

20180718_2.jpg


スポンサーサイト
[ 2018/07/13 20:43 ] Accessory | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/3842-9ded3d07