R6000 テスト(2)

スタブで切り離される21、28MHzのエレメントを仮に組み立ててみました。しかし割りのないパイプが1本見つかり、その細工で時間がかかりました。
この別エレメントは接続せずにメインのエレメントで使う14、18、24MHzの再チェックをしました。若干寸法をいじった個所はありますが、14.1前後、18.1より少し上、24.9付近でSWRが1.5以下になっていました。
次回は21、28MHz用のエレメントをつけてチェックすることにします。重さ5.6Kgは結構重く、全長5.8mはそのまま地面に横にするには長く、テストも大変な重労働です。

スポンサーサイト
[ 2018/07/13 16:56 ] Antenna | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/3841-953f95c7