2台のIC7300を使う

IC7300 2台を使った「簡易型SO2R」の構成は以前に紹介しましたが下図のようになっています。

ANT-SW.jpg

受信、送信に使うIC7300 #1はCOM X、受信のみに使うIC7300 #2はCOM YとしてPCに接続されていますが、Logger32の設定は次のようにします。

・ IC7300 #1は通常の設定と変わりません。
・ IC7300 #2はEcho portを使います。Echo portのオプション設定で2通りの使い方ができます。

(A) IC7300 #2はLogger32のコマンドのみで動く。例えばDX spotをクリックした時、周波数を直接指定した時

Screenshot2018_00591.jpg

(B) IC7300 #2は完全に#1と同じに動く。例えば上記のほかに、IC7300 #1で周波数を変えたり、モードを変えた時等

Screenshot2018_00593.jpg

私はもっぱら(A)の設定で使います。DX spotをクリックしたり、周波数を直接指定して、とりあえず#1、#2の周波数、モードを一致させます。#2はそのまま「珍局」を聞き続け、#1は応答がありそうな周波数に合わせて呼び続けます。この場合は、#1、#2がいつもロックして動かれては困るのです。

高価なTS990、IC7610+外付けダイアルよりずっと安上りで使い勝手が良くなります。SubRXを内蔵した手持ちのK3よりいいかも。(自画自賛、、、)

スポンサーサイト
[ 2018/06/26 10:59 ] Radio Other | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/3824-2495c4da