FC2ブログ





JTDX、WSJT-X

JTDXとWSJT-Xの勝手な比較

1. WSJT-XになくJTDXにある機能
・ デコードごとにBandActivity windowをクリアするオプション
・ BandActivity windowの高さがRXFrequency windowの高さの2倍以上ある
・ 関連する表示、ボタン等の配置がよく考えられていてまごつかない
・ 自分が呼んだ相手が他の人に応答した場合、自動的に次の送信をstopするオプション
(他人がQSO中でもずっと呼び続ける方が大変多い。多分いちいち送信をstopするのが面倒なのか?)
・ Replay messageは、CQ以外に73、RR73、RRR等を受け付ける
(CQは勿論、相手が73を送信したらすぐに自動で呼び始めることができる)

2. JTDXになくてWSJT-Xにある機能
・ FT8pedition mode (いずれJTDXにHound 機能のみが実装されるという話がある)

3. 良く分からないこと
・ 最新のJTDXは全般に表示S/Nが大きい。-20以下を見ない。一方WSJT-Xは-24まではよく見る。どちらかのみがデコードしていることはないようだが。
・ KENWOODの場合はJTDX、或はWSJT-XとLogger32はCAT COM portの共用ができる。しかし、Elecraft、ICOMの場合は共用できない。(VSPE使用) YAESUの場合は未確認

4. JTDXの最大の欠点
・ 表示されるS/N値の安定性がないこと。デコードの方法に関するオプションの選択でも変わる。数値そのものはどうあれ、ローカルの安定した信号を見ていてもころころ変わるのが精神衛生上よくない。

欠点はあるものの、以上の理由で、私は当初からJTDXを使っています。最近はやっとAutoSeqの動作が安定してきました。

スポンサーサイト
[ 2018/06/02 16:37 ] JTDX, WSJT-X | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/3810-ba715763