K社、Y社の新製品

HAMvention 2018でお披露目されたTS-890とFTDX-101Dです。まだ詳細な内容は発表されていないので、簡単なパンフレットに記載されたセールスポイントと外観からの感想、、、

TS-890(多分?)
何とも不思議なモノを作りましたネ。TS-590とTS-990の中間に位置付けるなら、スコープは無くてもいいから最低限SubRXが欲しかったです。一体何に対抗しようとしたのでしょう? でもスコープが無いと全然アピールしないいんでしょうか。「衝動買い」する気にもなりません。

Screenshot2018_00391.jpg


FTDX-101D
「独立したMain、Sub Band制御」とアピールしています。大きなツマミが二重構造になっているようです。単純に比べたらこちらの「勝ち」ですが、このデザインがどうも、、、またこの機種名も、、、

Screenshot2018_00397.jpg

結局、手持ちのK3、IC7300x2以上の、「衝動買い」したくなるような製品ではないようです。

スポンサーサイト
[ 2018/05/23 17:44 ] Radio | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/3803-4d7d4f0f