FC2ブログ





IC-7300 Split運用 苦肉の策

先日のVA7XW/VE2の時は、大よそ+1~+2の範囲で拾っていたようです。これはその時の画面キャプチャではありませんが、IC-7300を次のように使えばスコープを活用できるかも。

・ スコープを拡大表示にする
・ VFO-Aで相手を聞く、例えばこのスコープの中心に見える信号
・ ΔTX(XIT)をON
・ スコープを見ると+0.9と+2.0で呼んでいる(らしい)のが見えるので、空いている+1.5前後にΔTXを合わせる
・ 呼ぶ

Splitモードにして、XFCボンタンを押しながら送信周波数を決める、という面倒な操作よりは簡単かも知れません。スペクトラムなりウォータフォールがもっと拡大できると弱い信号も見やすいのですが、残念ながらこれが限度です。ΔTXのマーカーを表示させてやればともっと見やすくなります。

20180404_2.jpg

これは、中心にHZ、それを呼ぶJAsの例ですが、呼ぶ周波数はΔTXの赤マーカーでよく分かります。

20180405_1.jpg


スポンサーサイト
[ 2018/04/04 15:05 ] Radio Other | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/3757-8ff0c501