KX3 NaP3を使う (2)

1. NaP3のバージョン
私は以前にダウンロードした以下のバージョンを持っています。あらためてテストしてみました。
ver2.6.6 一応問題なく使える
ver2.8.8 エラーで起動できない 
ver3.0.0、ver3.1.0、ver4.0_RC1、ver4_RC3 画面表示が異常 
この表示以上は、VFO A/B表示、S表示が重なってしまう、SDRコントロールが表示されない等ですが、Windowsのディスプレー表示の"カスタムの拡大率"で100%(標準)を101%にすれば正常に表示されます。しかし他のプログラムで異常表示がでてしまい、使えません。お知らせいただければファイルを送ります。テストしてみてください。

2. NaP3のGlobal offset
KX3のRX shift(8KHzかゼロ)の設定によります。
2-1. ゼロの場合
Global ofsetは初期値のゼロにします。しかし、スケールの中心にハイレベルの「偽信号」が表示されてしまい、肝心の目的信号が隠れてしまいます。この「偽信号」はサウンドカードの種類に関係なく、サウンドカードの入力を抜いても出ます。(ver2.6.6でのみ確認)  この「偽信号」はNaP3自体が作っているように見えます。
2-2. 8KHzの場合
Global offsetは8000(Hz)にします。この場合「偽信号」はスケール中心周波数から約8KHz下に現れます。私の通常の使い方では邪魔にならなくなります。
7010KHzが中心周波数、7002KHzよしり少し上に見えるのが「偽信号」

2017_236.jpg

3. NaP3はK3で使えるか?
私は既にP3を手放してしまいました。NaP3はK3をかなり意識して作りになっていますが、K3自体にはI/Q出力がありません。しかしIF出力が取り出せるので、LP-PANのようなインターフェースを使えばKX3と同じになり、NaP3が使えそうです。
NaP3は、split時にはVFO A、Bの位置が表示されるので、信号の隙間にVFO Bを合わせて呼ぶというようなことが簡単にできます。

4. TS590、TS480でも使えるか?
これらはI/Q出力、IF出力がありません。ネットで検索するとIF出力を取り出す改造記事を見かけます。うまく取り出せれば可能性はありそうですが、、、

スポンサーサイト
[ 2017/03/07 08:29 ] SDR | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/3457-8bbff9d6