TS590SG SubRX

以前ご紹介したことがありますが、TS590SGのSubRXとしてK2を常設することにしました。

IMGP1548.jpg

K2は受信専用とし、ANT入力にはTS590SGのDRV出力を接続します。またTS590SGの送信時にはK2も送信状態にするために、K2のPTT端子にTS590SGのST-BY接点を接続します。このためにK2のパワー設定はゼロ、サイドトーンレベルもゼロにします。
いつもいつもK2を使う訳でもないので、K2のCAT制御は使わず、手動制御とします。

2017_216.jpg


スポンサーサイト
[ 2017/02/28 11:30 ] Radio Kenwood | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/3452-a7717a89