IOTA myqsos.csv

IOTAにクレジットされたデータは、IOTA ホームページからmyqsos.csvとしてダウンロードすることができます。またLogger32はこのmyqsos.csvを読んで、半自動的にクレジットフラグを付けることができます。
2007年8月以前にクレジットされているIOTAがある場合と、それ以降にクレジットされたものばかりという場合で、myqsos.csvのフォーマットが違います。
前者の場合は、

ISY_1A.jpg

後者の場合は、

ISY_1.jpg

2007年以前にクレジットされたものは、日時(UTC)がゼロになっています。またこのデータが含まれるmyqsos.csvはFreq欄、Mode欄があります。
最新のLogger32はどちらのmyqsos.csvも読めるようになりました。

スポンサーサイト
[ 2017/02/21 11:26 ] IOTA | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/3445-3f081c6b