HAM Radio by JA1NLX

Logger32に関する質問は歓迎しますが、その前に日本語ヘルプ、入門編、上級編をお読みください。

任意長のワイア アンテナ

WireLength.jpg

今までの海外運用でも、任意長のワイアとATUを組み合わせて、複数バンドで簡単に運用することが出来ました。ワイア長が一定とするとバンドによって給電点インピーダンスが大きく変わり、普通のATUでは整合が取りにくくなることがあります。また思わぬRFI に見舞われることがあります。
この図はRSGBのRadComに掲載された記事の中に見つけました。太い横線が給電点インピーダンスが高くなってしまう範囲ですが、例えばワイア長を5mにすると、40~10mで扱いやすい給電点インピーダンスになることが分かります。次の選択肢は7.5m、更に垂直の破線で示す長さも候補です。手軽に扱えるのが5m、或いは7.5mでしょうか。
記事では給電点に9:1、或いは4:1のUn-Un変換トランスでATUの負担を軽減する方法が解説されていました。
尚、5m、7.5mの垂直線と○、△は私が記入したものです。


スポンサーサイト
  1. 2017/01/06(金) 11:05:44|
  2. Antenna
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Logger32 次期バージョン | ホーム | A70X>>

コメント

これを理解できないひとが多い

ローバンドでは30m超のワイヤーを張ると
QRPでも面白いように飛んでいきます。
わざわざ電圧給電にして、バンド幅を狭く、高圧が必要な回路にする方の気が知れない。
  1. 2017/01/09(月) 06:56:21 |
  2. URL |
  3. jh6nbw #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

これほど分かり易い図を見たのは初めてです。
30mでも張れればローバンドにはちょうどいい長さですね
  1. 2017/01/09(月) 08:56:16 |
  2. URL |
  3. ja1nlx #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/3413-3c89ef3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)