ミスオペ

昨日の夕方5W7Xが30Mでよく聞こえていました。ちょうど3D2への遠征から帰ったKX3で聞いていました。早速Splitモードにして、「大きなツマミ」を回して空いている周波数を探しながら呼び始めました。ヘッドホンの右から5W7X、左からそれを呼ぶ信号が聞こえる違和感を感じつつ、それでも呼んでいました。時々「UP」、とうとう「NLX」と打たれ、ここでやっとミスオペに気がつきました。
正しい操作は「小さなツマミ」、VFO-Bで空いている周波数をチェックしながらそこで呼ばなければいけません。相手の信号はヘッドホンの左から聞こえるはずです。
ミスオペ、これはパイルアップを受ける側の操作です。どうもまだ3D2YAの「疲れ」が残っていたみたい。どうもご迷惑をおかけしました。

スポンサーサイト
[ 2016/11/03 07:20 ] Others | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/3374-c5f045bb