CheckIOTAPlus ver3.70

自作のユーティリティ、CheckIOTAPlusをアップデート中です。
DX spotのコメント欄を見て、IOTAリファレンスナンバが識別できる場合にのみ、このspotを表示するオプションを追加しました。Granted、Submitted、Confirmed、Worked、"New"に対応する色も設定できます。
この例にあるZL1WN AS-073は識別のミスです。あちらを立てればこちらが立たずで難しい、、、、、

2016_532.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/3309-c366063b