Logger32 新機能  IOTAクレジットフラグの自動更新

私の場合、ダウンロードしたmyqso.csvのレコード数は800強ですが、このうち42件が殆ど意味の分からないエラーになります。
そこでBobは、エラーとなるmyqso.csv中のQSOとLogbookのQSOを強引に関連付けることで、このエラーを回避することにしました。
この関連付けテーブルは、 "logbook name"_IOTA_QSO_MAP.txt としてLogger32のフォルダ内に保存されます。

2016_464.jpg


スポンサーサイト
[ 2016/07/06 20:22 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/3283-d8e710de