海外運用で使ってきた無線機あれこれ

2006年 VE7 K1 5W QRPとは言えQSO出来たのはわずか数局、しかしこれで火がつきました。
2007年 FK FT897 現地に到着して見たらつまみが1ツ折れていてビックリ でもEUからのパイルアップを経験してもう止められなくなりました。
2008年 3D2 FT857 以降メインになりました。小型、軽量、但しアンテナチューナ必須でよく使ったのがZ100Pro
2009年 3D2、FK FT857
2010年 VK5 K2/100
2011年 A35 FT857とEagle、 VK4 Eagle Eagleはどういう訳か自分の電波が回り込むトラブル多発
2012年 3D2 FT857、 VK4 KX3/PA100D 初めてKX3を使いました。でもアンプが必須
2013年 P29 K2/100 当初TS480HXを持参する予定でしたが、スケジュール組み直し後K2/100に変更
2014年 3D2 KX3/KPA100 KPA100はアンテナチューナ内蔵なので使いやすい
2015年 3D2 IC7000 アンテナチューナ必須だがFT857よりずっと使いやすい
2016年 3D2 可能ならば2波同時運用を計画、KX3/KPA100とFT857の予定だが、、、

それぞれ一長一短がありますが、FT857をイチバンよく使ってきました。その理由の1ツは3D2の免許にFT857が記載されていること、3D2のImport LicenseにもやりFT857が記載されていることです。来年2月以降のライセンスはIC7000とKX3に変更してもらいました。

これらと組み合わせて使ったアンテナは主に垂直+ラジアル+自動ATU、或いは垂直ダイポール(Sigma-5、Bravo-5) イチバンの思いではA35の浜辺に立てた4mほどのBuddipole+ラジアル、何とこれでも3.5MHzでJAとQSOできました。

今年は友人との二人旅、2波同時運用を計画しています。さてどうなることやら、、、

スポンサーサイト
[ 2016/05/26 21:09 ] DX Vacation | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/3267-b6ab9b9d