FT-1000MP SSBのテスト

IMGP1353.jpg

手持ちのマイクは、8ピン丸プラグのついたKENWOOD/TRIOのハンドマイク、これはYAESUとピン接続が違うのでそのままは使えません。もう1ツFT857で使っていたハンドマイク、但し両端にはRJ-45プラグが付いているので、これもそのままでは使えません。
そこでRJ-45プラグのついた短いLANケーブルを買ってきて、片方に8ピン丸プラグをつけたものを作りました。

これはこれでうまくいってSSBでも運用できるようになりましたが、何と送信SSBをモニターすると、周期的にザッ、ザッとノイズが聞こえます。ちょうどコントロールパネルのCAT表示の点滅と同期しています。CATをOFFにすればこのノイズは消えます。受信時には今のところ認められません。
Logger32のCW machineで制御する場合、送信時にCATのポーリングをOFFにするオプションがありますが、SSBの場合はお手上げです。まあ、SSBで運用することは滅多にないのでいいのですが、、、、

スポンサーサイト
[ 2016/01/21 10:47 ] Radio Yaesu | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/3188-07bf7565