SO2R+Panadapter

TS590SGとKX3をSO2Rで設定したシステムは、このところパイルアップに威力を発揮しています。このシステムにSDR受信機のPMSDRとSDRプログラムのHDSDRを追加、K3+P3、TS990相当(?)になりました。
Logger32でRadio-1、2にTS590SG、KX3を設定、更にEcho Portを設定、このEcho PortをHDSDRからもアクセスできるようにVSPEを設定します。ちょっと変則的ですがPMSDRへのアンテナ入力はKX3のところで単に分岐してあります。

2015_408.jpg

画面はこんな感じになり、1台のディスプレーではもはや限界です。

2015_407.jpg

パイルアップに挑戦する時はだいたい次のような手順になります。
a. TS590SGでDXの周波数にチューニング。この時PMSDR/HDSDRもその周波数にチューニングされる。
b. マクロコマンドでその周波数にKX3をチューニング
c. ヘッドホンでTS590SG、KX3を受信しながらTS590SGで「いい」周波数を探す。この時PMSDR/HDSDRも連動する。
d. 呼ぶ
e. c、dを繰り返し、うまくゆけばこれで「できた!」となります。

PMSDR/HDSDRではなくKX3/NaP3でも同じようなことが出来ます。しかしTS590SGで聞いて、呼ぶ、KX3はずっとDXを聞いているという使い方だとNaP3がTS590SGに連動していないので若干不便です。TS590SGとKX3の役割を逆にすれば解決しそうですが、アンテナ系の分岐、送信時のSubRXのミュート等、他の問題もあります。
スポンサーサイト
[ 2015/08/16 18:09 ] Radio | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/3057-d52ceed9