Windows 10 アップグレード

7/29に正式版がリリースされました。たまたま家で使っているデスクトップが3台あって、それぞれ異なる方法でWindows7からWindows 10へのアップグレードに挑戦しました。

a. 評価版からアップグレード
メインのPCは評価版のテストからWindows 10に移行しました。評価版の最終ビルドは10240で、8/29にリリースされた正式版と同じようです。私の環境では、このバージョンには大きな問題が2ツあります。
 (1) ホームネットワーク内の接続が不安定
 (2) 大きなアプリ、例えばHelpNDoc4を終了後、全く何も制御できなくなる。唯一電源ボタンでシャットダウンすることしかできない。

b. "Get Windows 10"からアップグレード予約
予備PCは今朝になってタスクバーに"Get Windows 10"のアイコンが表示されるようになりました。これを表示させるプログラムはWindows updateですでにインストール済みになっていましたが、何故か今朝まで表示されなかったのです。
これは安定しているWindows 7でしばらく使いたいので、とりあえず"Get Windows 10"を起動して予約だけ済ませました。

追記
次のCの方法でアップグレードを済ませました。

c. メディア作成ツールでインストールメディア作成
XYLが使っているPCは、下記からダウンロードすることができるメディア作成ツールを使い、まずUSBメモリ上にインストールメディアを作り、これでアップグレードを試みました。

http://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

USBメモリ上にあるSETUPをクリックすればインストールが始まります。しかし、しかし、しばらくすると"NXがサポートされていないのでWindows10はインストールできません"とのメッセージが出てしまいました。どうもこのPCのCPUが古く、Windows 10をインストールするのは断念せざるを得ないようです。
このPCも"Get Windows 10"のアイコンが表示されなかったのですが、或はこれが原因であったかも知れません。

追記
d. 海外に持参するノートのアップグレードを上記Cの方法でやってみましたが、途中で「初期化に失敗」というエラーが出てしまい、とりあえずこれも断念しました。
スポンサーサイト
[ 2015/07/31 10:14 ] PC | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/3039-11d5f3de