HAM Radio by JA1NLX

Logger32に関する質問は歓迎しますが、その前に日本語ヘルプ、入門編、上級編をお読みください。

IC7000と LDG アンテナチューナー

IC7000とLDGチューナー(Z100Olus、或はAT200Pro2)を専用ケーブルでつなぎ、いろいろとテストしています。
IC7000は、AH-4、或はAT180と組み合わせて使うことを想定しているので、LDGチューナーをつないだ時の設定がどうもよく分かりません。
IC7000のメニューには次の項目があります。
・ オートスタートチューナー機能の設定
・ PTTチューン機能の設定
以上の2ツは、OFFにしておいても私の使い方に支障がなさそう。
・ TUNER/CALLキーの設定
IC7000のマニュアルには、「バンドごとにON/OFFを記憶させる場合はAUTO、バンドに関係なく全体でON/OFFを記憶させる場合はManual」とあります。
LDGのチューナーをつないだ時のテスト結果は、次のような動作になります。
<Autoの場合>
TUNER/CALLキーを押してチューン動作を開始するように見えます。ただ、例えば21MHzでチューン動作をさせ(SWR 1.5以下)、バンドを14MHzに切替てチューン動作させ(SWR 1.5以下)、その後21MHzに戻ってチューン動作をさせると、SWR表示が1.5~3.0を示します。どうも動作がおかしい。
<Manualの場合>
どのようにバンドを切替、チューン動作させても必ずSWR 1.5以下になります。
ということから、LDGのチューナーを使う場合はManualに設定するのが正解のように見えます。

海外で同調形アンテナ(Bravo-5等)を使う場合は、チューナーは原則使いません。しかし万一の場合にまごつかないよう、一応は動作をチェックしておく必要があります。
スポンサーサイト
  1. 2015/07/04(土) 11:43:02|
  2. Other
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3D2YA_2015 IC7000の過酷なテスト (5) | ホーム | 3D2YA_2015 Sample QSL card>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/3012-ca443c31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)