HAM Radio by JA1NLX

Logger32に関する質問は歓迎しますが、その前に日本語ヘルプ、入門編、上級編をお読みください。

3D2YA_2015 IC7000の過酷なテスト (2)

ちょっと買い物に出たついでにヨドバシカメラに寄って、IC7000の放熱対策に使えそうなモノがないかと見てきました。
FAN、FANの付いたノートパソコン用(?)の「冷却台」、安直な冷却パッド等色々ありました。ダメ元で4cm四方の冷却パッドを買ってきました。IC7000のケースにただペタンと貼るだけです。
先日と同じようなテストをしてみました。予想通り全く変わらない結果で、すぐに剥がしてしまい、このテストは終わり。

次のテストは安い放熱板をケースの上に載せてみることです。いろいろ調べてみると、ケースのFANの排気口の上に大きなFANを載せている記事も見つけましたが、ここまでやる気にはなりません。

追記
とは言ってみたものの、これを見つけてしまったので、テストだけでもと注文してしまいました。eBayには2ツでていました。上が$29.95、下が$19.95、私が注文したのは下の安いほうです。どちらもTunerコネクタ経由でDC12Vを取り出しています。IC7000の電源ONでこのFANも回ります。ケース上部の排気口の上に載せますが、強制的に排気するので効果ありでしょう。

2015_246.jpg

2015_247.jpg

冷却板、FANのテストは来週以降になるので、その前にパワーを50Wにして先日と同じテストをしてみました。上が50W、下が100Wです。50Wのほうは"H"ゾーンにはいるまでバー1ツ分の余裕が出ましたが。

IMGP1129.jpg

IMGP1117_2.jpg
スポンサーサイト
  1. 2015/06/27(土) 20:53:22|
  2. 3D2YA_2015
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3D2YA_2015 IC7000の過酷なテスト (3) | ホーム | Auto Antenna Tuner>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/3004-3d7545f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)