Logger32 用途別に使う

Logger32は、用途別(例えば、コンテスト用、使用するTransceiver用とか、、、)に設定ファイルを持つことができます。
初期設定では、以下の設定ファイルがLogger32のフォルダに自動生成されます。
a. Logger32.ini
b. CW.ini
c. MMVARISounfcardMacros.ini
d. MyBandMode.ini
e. RadioPanel.ini
f. SoundcardMacros.ini

次にIC7000用にLogger32を設定する例を紹介します。
1) Logger32のショートカットのプロパティを次のように作る。例えがリンク先の末尾にIC7000を追加する。

2015_217.jpg

2) このショートカットの名前を例えばIC7000と変更する。
これでLogger32を起動すると、初期設定の設定ファイルとは別に次の設定ファイルが自動生成されます。

2015_218.jpg

画面レイアウト、CW machineのマクロ、Soundcard Data windowのマクロ、Radio Control Panel(RCP)の各種設定を独自に作ることができます。次に示すのは、K3用、IC7000用に設定したRCP画面例です。

2015_220.jpg

2015_219.jpg

スポンサーサイト
[ 2015/06/13 21:25 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/2993-4922f3f0