IC7000

IC706MK2Gをお譲りしてIC7000を手にいれました。海外に持参するTransceiverの候補の1ツです。
まずイチバン気になるのは受信特性ですが、取扱説明書には例によって送信系統図のみしか掲載されていません。そこでネット検索でService Manual(英文)を見つけてダウンロードしました。下図もような系統になっていることが分かりました。

2015_214.jpg
2015_215.jpg

所謂狭帯域IFフィルタはDSPで処理されています。これだけでもIC706系との違いが歴然、「通り抜け」による帯域外のピーピーが聞こえません。
私は、パイルアップを受けている目的信号を聞いていて、すぐ近くで呼ぶ強力信号で目的信号が影響を受けるか、受けないかを受信特性の良しあしの目安の1ツにしています。残念ながらまだテストに好都合なパイルアップが聞けません。

その他、IC706系に比べCI-Vコマンドが大幅に拡張されています。パネルの操作性の悪さをCI-Vで少しでもカバーしようと悪戦苦闘です。
スポンサーサイト
[ 2015/06/09 18:01 ] Radio Other | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/2988-67be4839