もう1ツのSDR受信機 (5)

TS590SGをLogger32、HDSDR/SDR-4+と組合せて使う場合の設定例です。他にいい方法があるかも知れませんが、私には今のところこれがイチバン安定しています。私はTS590SGのVFOダイアルを回した時、HDSDR/SDR-4+がその周波数にチューニングしてくれればいいので、HDSDR側の操作、マウスクリック、スクロールでTS590SGを制御することは前提にしていません。

a. VSPE
・ Splitterモード
・ TS590SGの接続されたcom1を、仮想com6でTS590SGとOmniRigで共用

2015_103.jpg

b. Logger32
TS590SG/com6を指定。Pollimg intervalは1000ms程度にしておけばHDSDR/SDR-4+側のギクシャク感が緩和される。本来ならば200ms程度にしたいところ。

2015_104.jpg

c. HDSDR
・ ExtIO_Si570.dllを使う。
・ CATの設定はOmniRigエンジンを使う。

2015_105.jpg

・ 以下のようにチェックを付ける。

2015_106.jpg

・ HDSDR内蔵の「簡単CAT」は無効にしておく

2015_107.jpg

SDR受信機は各種ありますが、自分の目的にあうかどうか、サポートされているSDRプログラムは何か、CATが必要か、ロギングプログラムと一緒に動かせるのか等々、よく吟味して購入する必要があります。
PMSDRは、よく検討もせず、ただNaP3で動きそうだという理由で買いましたが、結局あまり好みでないHDSDRで動かすことになりました。
SDR-4+は、開発者と何度かメールのやりとりをし、NaP3でも動くという確信があって買いましたが、これもHDSDRで動かすことになりました。勿論CATを前提にしなければNaP3上にスペクトラムを表示させることは可能です。
スポンサーサイト
[ 2015/04/28 08:58 ] SDR | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/2945-171e2199