KX3 NaP3でパイルアップをチェック

一部で評判のいいNaP3をテストしてみました。
本当はこのように表示されるはずです。メニュー下に周波数、Sメーター、Watefall下にVFO関係のボタンがあります。

20150216_001.jpg

しかし私のテストではこうなります。メニュー下の表示がおかしく、Waterfall下の表示がありません。

20150216_002.jpg

NaP3はF5VNBの作ですが、昨年ver4.0.0 RC3をリリース後、突然開発、サポートを止めてしまいました。最大の目玉は、P3、或いはPX3のような使い方ができることで、VFO Bの位置が表示されます。中心の赤いバーがVFO A、その右の黄色いバーがVFO Bです。KX3のVFO Bつまみを回せば動き、マウスクリックでKX3 VFO Bの周波数も変わります。

今回はLP-BridgeをKX3との窓口とし、その下にLogger32、NaP3がぶら下がります。表示が完璧ではありませんが、ちょうどK3/P3のような使い方ができることが分かりました。表示異常をチェックするために古いバージョンもチェックしてみましたが、どれも意味不明のエラーでNaP3が起動しません。うーん、もうちょっとでKX3+PX3もどきになるんだけど、、、、

追記
入手可能なイチバン古いver2.6.6をテストしてみたら、エラーもなく起動し、表示も正常になりました。KX3もサポートされているのでしばらくテストしてみることにします。
スポンサーサイト
[ 2015/02/16 11:28 ] SDR | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/2885-cb0e6cb3