TS-590SG

IMGP0948.jpg

TS590SのあとにTS590SGがおさまりました。外観上は、"TS-590"表示が大きくなって、表示パネルの右上に移動した以外、違いが見つかりません。
Logger32との接続も問題ありませんが、一部のコマンドの扱いに注意する必要がありそうです。TS-590SGではSSBモード時の帯域調整が、HiCut/LoCutとShift/Widthを切替えて使えるようになりました。ただShift/Widthに切替えた場合のPCコマンドをどう扱えばいいのかよくわかりません。他にも同じような項目があるかも知れません。
FWの最新版、ver1.01が公開されていたので、早速更新しました。この手順もTS-590Sと同じです。FW更新後、オールリセットされて全ての設定が初期値に戻ってしまうのも同じです。

追記
HiCut/LoCut型、Shift/Width型、現在の選択状態に応じたコマンドを送ればよさそうです。
(例)
HiCut/LoCutの時、SH07;で2400Hz以上カット、SL02;で100Hz以下カット
Shift/Widthの時、SL12;で帯域2000Hz

スポンサーサイト
[ 2015/02/11 07:06 ] Radio Kenwood | Trackback(0) | Comment(2)

590SとTS-590SGノ改善点等の感想リポート楽しみにしております。買い替えを検討中ですので!
[ 2015/02/11 10:03 ] [ 編集 ]

はい、後日ここに掲載するつもりです。
ただあまり違いはないかと思います。当初はまったくその気にならなかったのですが、急にテストしてみたいことがあって、手に入れました。
[ 2015/02/11 10:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/2880-08ec97bc