小物の自作にピッタリのケース

IMGP0853.jpg

最近いくつか小物を自作しました。
左は、シリアルケーブルで受けてCAT、CW Keying用のステレオジャックに分離するもの、右はK1ELのWinKeyeyer serialボードを組み込んだものです。
ケースはどちらもHammond Manufacturingのプラスチックケースです。QSTにも毎号広告が掲載されています。
このシリーズのケースは、前後のパネル、上下の蓋が全て分離でき、工作がしやすいのが特徴です。またプラスチックなので穴あけも楽チン。またこのケースにピッタリ合う試作用ボードがオプションで用意されています。少し前に買ったオーディオフィルタのキットにもこのシリーズと思われるケースが付いていました。
JAにもプラスチックケースがたくさんありますが、このように4ツに分離できるものは見たことがありません。(探し方が悪いかも?)
直販はしていないようで、全てDigiKeyから購入しましたが、ケースが数百円なのに、送料は2K円です。
スポンサーサイト
[ 2014/11/23 11:55 ] Accessory | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/2813-33197c98