Logger32 CW machine ver3.50.2

私は、パイルアップ時の応答、或いは海外運用時には、5NNのみ+10WPM程度にスピードアップするスタイルを好んで使います。今までは、$speed+$(これで+2WPM)、$speed-$(これで-2WPM)というマクロがありました。これだと、例えば

JA1NLX $speed+$$speed+$$speed+$$speed+$$speed+$5NN$speed-$$speed-$$speed-$$speed-$$speed-$

と長いメッセージを使う必要がありました。今回、次のようなマクロが追加されました。

JA1NLX $speed+++++$5NN$speed-----$

+、-の数は1ツの$speed+$、$speed-$に相当します。勿論、今までのようなメッセージを書いてもOKです。
尚、このマクロはWinKey、WinKey2モードでも使えますが、Keyer setupテーブルでAnalog speed potのチェックを外しておかなければいけません。手元にあるK1EL WinKeyer USB、microHAM CW Keyerは想定どおり動作します。ただ最近購入したZLP Electronics CW Keyerでは動作不安定です。



スポンサーサイト
[ 2014/11/05 20:35 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/2794-9f93ce94