HAM Radio by JA1NLX

Logger32に関する質問は歓迎しますが、その前に日本語ヘルプ、入門編、上級編をお読みください。

3D2YA_2014 Topics (2)

順不同にいくつか、、、

・ 歳のせいか
キーボード入力に時間がかかる、或いは間違えることが多くなりました。こればかりは自分のせいですが、やれやれいつまで出来るだろう?  ちょっと自信が無くなってきました。

・ とりにくいCW
いつものことですが、私は、猛烈に早い、猛烈に遅い、予期せぬところでスピードが変わる、立てぶれキーで猛烈にくせのあるCWは聞き取りにくて困惑します。何度も聞き直す羽目になります。

・ QSO B4
どこの国とか関係なく呼んできます。応答しない限りいつまでも呼んでくるので大変邪魔になります。今回は積極的に「xxx QSO B4」とやりました。その返事がまた面白く、だんまり、SRI TU、5nn TUとか色々です。こういう人たちはLogそのもをつけていないのか、或いはもうゲーム感覚で聞こえたら呼んでくる習性なのか、単なる勘違いなのか、前のQSOに自信がないのか(これなら分かりますが)、何でしょうね?

・ 指定無視
まだJAはいいほうですね、WもEUもひどいもんです。ちょっとスキを見せるとわぁ~と呼んできます。効率が上がりません。
指定無視と呼んでいいかどうか分かりませんが、QSO中の相手にかぶせて呼んでくる人もすごく多い。私はそんな人にはすぐには応答しません。

・ 島のインターネット環境
自分の室でワイアレスによるインターネットアクセスが出来ました。しかし有料です。24時間接続しっぱなしの必要もなく、毎日15分程度、もっぱらClubLogへのLogのuploadに使いました。

・ コンディション
昼はもっぱらJA、NAが中心ですが、どうもNA方面にはあまりいい状態にはなりませんでした。一方夜間は、14、18、21MHzはずっとEUに開いています。信号も強く毎晩猛烈なパイルアップでした。夜間のJAは完全にその陰にかくれてしまっています。
夜は遅くとも12時にはQRTし、朝は5時頃から再開しますがまだEUがワンワン呼んできます。

・ フィジーの入国審査
2012年の時だけはノーチェックでしたが、今回もスーツケースを開けさせられました。蚊取り線香の箱を見て「これは何だ、売るのか?」としつこく聞かれます。免許状も効果なし。
現地在住の日本人スタッフに、「何かいい方法はないのかな?」と聞いてみたら、「日曜日到着便だとチェックがゆるい」とのことでしたが、日曜日到着となると土曜日の成田発ニューギニア航空しかありません。また、「最近は某国の訪問者が多く、悪いことをする連中もいるので」というような話もありました。
今回はスーツケースに機器を収容したのですが全く効き目がありませんでした。

・ リゾート
マナ島のリゾートは100組以上が滞在できる大型リゾートです。何と言っても多いのがVKの家族連れ、それも子供連れです。ざっと8割はいますね。彼らは4時間ほどで来られるのですから。次におおいのはBY、HL、最後にJAとなります。
ペチャクチャ、ピーピーうるさいのには閉口します。こっちは一人旅なのでペチャクチャやる相手もいません。

・ インチョンでの乗継
往きは時間もたっぷりで問題ないのですが、帰りは1時間ちょっとしかありません。2012年の時はこの手荷物検査場が大混雑、次の搭乗ゲートまで走って滑り込みセーフという経験をしました。今回は客が少なかったのか、係員の手際が良くなったのか、十分余裕をもって乗り継ぎ便に乗ることができました。
スポンサーサイト
  1. 2014/10/14(火) 21:41:47|
  2. 3D2YA_2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Logger32 ver3.50 その他の新機能 | ホーム | 海外運用でmicroHAM CWKeyerを使わない方法>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/2776-5a16f178
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)