HAM Radio by JA1NLX

Logger32に関する質問は歓迎しますが、その前に日本語ヘルプ、入門編、上級編をお読みください。

海外運用でmicroHAM CWKeyerを使わない方法

3D2YAでは当初microHAM CWKeyerへの飛び込みに悩みました。過去にもおなじような経験をしたことがあります。
CWKeyerはPCとUSB接続し、生成される仮想comポートをLogger32で割当てます。CWKeyerのCAT出力をKX3のCAT入力、CW出力をKX3のKey入力に接続します。電源は外部からの供給です。
今回の飛び込みは特定のバンドで、かつ同軸の引き回し方で発生しました。更に外部電源としてKX3/KXPA100が使う電源以外のACアダプタを使うと若干状況が変化します。更に9V電池を使うと回避できそうな気配もありました。
また、どういう訳かいつも持ってゆくパッチンコアを忘れてしまい、それ以上の策を講じることが出来ませんでした。
飛び込みがあるとCATも、Logger32制御によるwinKeyも使えなくなり、CWはCWKeyerに接続したパドル操作のみとなります。

そこでもうCWKeyerは使わない方向で考えてみることにしました。
先ず、CATは、KX3専用のUSBケーブルがあるので、これでPC、KX3を直接接続すればいいので簡単です。次にCWですが、Logger32のCW MachineをwinKeyモードではなくsoftwareモードで使うことにします。手元にUSB/シリアル変換アダプタ、シリアルコネクタ内にキー出力変換回路内蔵のインターフェースがあるので、これを使うことにします。

ここで問題は、winKeyであればLogger32からの自動メッセージ送出中にパドル操作すれば、自動メッセージを強制終了することができるのですが、これが使えなくなることです。
更にこの簡単接続で飛び込みが完全に無くなる保証もありません。外部電源を使わないので飛び込みの可能性が少なくなるだけです。

色々ネットで検索していたら次のようなものを見つけ、早速注文しました。
・ USB/CWインターフェースケーブル
これ1本でPCとKX3 Key入力を接続することができます。

20141014 003


・ winKeyインターフェース
CWKeyerからCAT機能を取り去り、かつ電源はUSBラインからとるようにしたものです。これならCWKeyerと同じようにLogger32のCW machineでwinKeyモードを使うことができます。

20141014 002


こういう飛び込みは実際に現地で運用してみないと分かりません。いくつか回避策を用意しておく必要があります。
スポンサーサイト
  1. 2014/10/14(火) 18:49:34|
  2. Others
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3D2YA_2014 Topics (2) | ホーム | Logger32 ver3.50 更新手順の変更>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/2775-1086fe41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)