HAM Radio by JA1NLX

Logger32に関する質問は歓迎しますが、その前に日本語ヘルプ、入門編、上級編をお読みください。

3D2YA (7)

20140910.jpg

もう1ツ、シンプル表示の伝播予測プログラム、HF-Propを見つけました。こちらは、VOAPropより更に表示が簡略されていて、可能性のある時間、周波数をグリーン1色のバーで表示します。起動時にSFI等の最新データをダウンロードします。但し、SSNは使われていません。
尚、これは有料ですが、30日間の「お試しサービス」があります。

次にVOAPropのSSNを長期予測に基づいた値と、最新の値に変えてみた場合の様子を見てみます。
これは長期予測でSSN=67の場合です。

20140910 001

9/8時点のSSN=158に変更してみました。全体に可能性のある範囲が広がり、ベスト範囲を示す赤の面積も広がっています。

20140910 002

もう1ツ条件を変えてみました。上記2例は送信、受信の設備をKW、ビームと想定していますが、これを100W、ダイポールとしてみるとこんな感じになり、あらあら黄、赤表示が無くなってしまいました。

20140910 003


2ツのプログラムを比較すれば、無料で、可能性を4段階で色表示ができ、かつSSNも変えて見ることができるVOAPropに軍配があがります。
スポンサーサイト
  1. 2014/09/10(水) 09:45:14|
  2. 3D2YA_2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<KXPA100 QST Product Review | ホーム | YB4IR/8 from OC-222>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/2747-70284b24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)