HAM Radio by JA1NLX

Logger32に関する質問は歓迎しますが、その前に日本語ヘルプ、入門編、上級編をお読みください。

3D2YA (5)

IMGP0705.jpg

KX3をうまく使うためのヒントをいくつか、、、、

1)  CW運用時のパドル
Logger32からmicroHAM CWKeyerを制御してメッセージを自動送出します。しかしcallsignをキーボード入力する時に間違いをおかすことがあり、その際はパドルから手動送出します。CWKeyerはこのパドル操作で、Logger32からの自動送出メッセージをクリアします。パドルは、PicoPaddle(Mini)で、KX3下部に取り付けることができます。KX3ではなくCWKeyerに接続します。

2) SSB
ヘッドセット、CM500を使います。KX3との接続は簡単で、ただMICプラグ、PHONEプラグをそれぞれのジャックにさすだけです。
KX3にはメッセージメモリが2チャンネルあり、CQメッセージを録音しておき再生します。これで楽チンです。

3) ディジタルモード
色々考えましたが、結局KX3のMICジャック、PHONEジャックを直接PCに接続することにしました。ただこのままだと何も聞こえなくなってしまうのでPHONEジャックに2チャンネルの分岐プラグを使うことにします。写真はこの状態です。
KX3のデータサブモードは4ツありますが、FSK D、PSK Dはパドルか、PCからコードを渡して信号を作るモードであり、Logger32では使えません。AFSK Aモードは強制的にDual Passband Filterが入り好みではありません。結局DATA Aモードを使うことにします。受信、送信ともにLogger32のSoundcara data windowを使います。

4) KXPA100との接続
今まで経験したトラブルを防ぐため、送受切替のためのコントロールケーブル1本とKX3出力の同軸1本のみを接続します。この場合、KX3のパワーセットはあくまでKX3のパワーセット、つまり0~10Wであり、0~100Wとは表示されません。また、KX3でバンド切替後は、TUNE操作でKXPA100のLPFを切替えておく必要があります。10~20W程度でやさしく切替えておくということですが、いきなり100Wでキャリアを出してもほぼ瞬時には切替わります。
KX3のパワーを5Wにした時、KXPA100のパワーは100~110Wとなります。
スポンサーサイト
  1. 2014/09/04(木) 16:42:55|
  2. 3D2YA_2014
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日のスケッチポイントは、 | ホーム | TX4A from OC-218>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/2743-8a3bacba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)