Bravo-5

DSCN1978.jpg

このアンテナは2012年の3D2YAで使いました。14~28MHzで期待通りに働いてくれましたが、何故か14MHzのみ突然共振周波数が1MHz近く下がってしまうトラブルがありました。帰国後にチェックしましたが再現しませんでした。
久しぶりに庭でチェックしてみました。決められたエレメント長、ラジアル長で、コイルにも触らずにいい特性が得られました。18MHz以上ではバンド全体でSWRは1.5以下になりますが、14MHzではCW、フォーンバンド全体でSWRを2以下にすることは困難です。CW、フォーンで若干コイルの調整が必要です。
今日のテストでは14MHzの共振周波数は安定していましたが、このアンテナを10月の3D2YAに持参することになると更なるテストが必要かも知れません。
スポンサーサイト
[ 2014/06/16 11:29 ] Antenna | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/2671-b8beb42e