Logger32 ScratchPadの使い方 (2)

<データ編集>
Scratchpad(以下メモ帳と呼ぶ)でデータを編集することができます。但し、Time(経過時間)、Freq、DX spot commentは編集することはできません。
1) 編集したいセル上でマウスを右クリック、例えばその項目がIOTAであればEdit IOTA fieldをクリック

20140520 003

2) そのセルの内容を編集する。他に編集したい項目が無ければEnterキーを押す。これで編集終了
3) もし他に編集したいセルがあれば矢印キー或いはTABキーを押し、編集したいセルまでカーソルを移動

<データの表示位置>
各項目毎にデータの表示位置、左寄せとか中央とか、右寄せを指定することができます。
1) それぞれの項目のタイトル部分を右クリックし、LeftかCenter、或いはRightをクリックします。下図はDX spot commentのみ左寄せ、他は全て中央に設定した例です。

20140520 004

<データを直接書く>
データを直接書くためには、SetupメニューでAdd callsign directly into Scratchpadにチェックを付けておきます。但し、Time、Freq、DX spot commentを直接書くことはできません。
1) ブランクの最下行のcallsignセルをクリックする。
2) callsignを入力する。例えばTest1。これで良ければEnterキーを押す。callsignとその時のLogbook entry wnidowに表示されている周波数が書かれて終了。

20140520 005

3) もし他にも書きたい項目があれば、矢印キー、或いはTABキーを押して移動、データを書いてEnterキーを押す。

スポンサーサイト
[ 2014/05/20 17:00 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/2650-59847d7d