Logger32 ScratchPad

WS_2014_490.jpg

ベータテスト中のScratchPadです。
・ callsignを直接ScratchPadに書く
・ Logbook entry windowに入力したcallsign+αを記録
・ DX spot windowでクリックしたcallsign+αを記録
・ ScratchPadとLogbook entry windowのデータを入れ替え、或いはScratchPadからLogbook entry windowにコピー、或いは現在Logbook entry windowにあるデータをログした後、ScratchPadから任意のデータをコピー等
callsign+αのαは、split情報、IOTA情報、RBNモード情報を意味します。例えばup1のコメント付きDX spotがScratchPadに記録され、それをLogbook entry windowにコピーした時にはそのup1情報もコピーされます。

ある相手とのQSO中、気になるDX spotがあればその都度ScratchPadに記録しておき、QSOが終われば記録されたデータをただちにLogbook entry windowにコピーします。勿論Transceiverも然るべく制御されます。
紙にメモを書くごとく使えますが、かなりの部分が自動化されます。尚、日本語DLLをお使いの場合には、"メモ帳"と表示させることを予定しています。

スポンサーサイト
[ 2014/05/11 16:36 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/2642-fd851790