KX3 new FW (2)

最新のベータ版FW ver1.94とフィールドテスト版FW ver1.98の比較です。KXPA100の出力はダミーで終端、KXPA100の出力パワーはKXPA100のLED表示の読みです。

<ver1.94> KX3のパワー設定は100w
80m 80w
40m 80w
30m 80w
20m 90w
17m 100w
15m 80w
12m 90w
10m 100w

<ver1.98>
KX3のパワー設定を100wに設定すると80/40mで動作不安定になる。現時点では設定パワーを90w程度以下にする必要がある。
この場合、80~10mはいずれも90wとなり、バンドの違いによるゲインを真面目(?)に自動補正してくれる。
パワー設定を100wにすると、80mではなかなか目標パワーに近づかず、せいぜい90w程度で、下手するとKX3のHigh Tempアラームがでる。また40mでは100w近くになるとKXPA100の(入力)ATTが働いてしまう。30m以上では各バンドともに100wが得られる。

Wayneによれば、自動補正する最大パワーを現在の100wから90wに下げること、各バンドの補正値を保存してバンド切替の度にTune操作をしなくてもいいようにすることを計画したいそうです。
しかしKXPA100自体の実力がアップする訳ではないので、80/40mではせいぜい90w前後が実力のようです。仕様によれば定格100w±1dBなので十分この範囲内ですが。

スポンサーサイト
[ 2014/04/30 17:56 ] Elecraft KX3 | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/2634-54f551ce