HFp Vertical のチェック

Sigma-5の大改造が一段落したので、昨年12月のP29VNXで使ったHFp Verticalをチェックしてみました。P29VNXでは給電部がすっかり海水に浸かってしまい、その後安全な場所に動かしました。
帰国後全くチェックすることもなくそのままになっていました。ケースを開けて全てのパーツを出してみてビックリ。給電部のインシュレータとボルトが錆付いてしまってボルトも外れなくなっていました。またラジアル固定用の蝶ネジもかなり錆びています。
幸いインシュレータは以前にテストしたアンテナのパーツが流用できたので、これで組み立てて10MHzのみチェックしてみました。付属のマニュアルに記載されている通りの設定でうまく10.120MHz付近で共振しています。

DSCN1918.jpg

P29VNXでは予想外に働いてくれたので、ご褒美として(?)秋の3D2YAにはSigma-5と一緒に連れてゆく予定です。

スポンサーサイト
[ 2014/04/15 17:27 ] Antenna | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/2618-c57ed589