Sigma-5 大改造 (1)

気候も良くなってきたので秋の3D2YAで使うアンテナのテストを始めました。今回はSigma-5を持ってゆくつもりです。
久しぶりにテストしてみるとどうも思うような特性が得られません。このアンテナは給電部に入れたローディングコイルをリレーで切換え、14~28MHzで動作させますが、どうもリレーの動作が気になります。そこで思い切ってリレー切替は止めて、ジャンパー線を手動で切換えてゆくことにしました。うまくゆけばコントロールケーブルも不要になり、総重量の軽減化にもつながります。リレーは1ツだけ外し、コントロール線は全て撤去しました。もう元には戻りません。

DSCN1891.jpg

ジャンパー線は1種類ですめばベストです。先ずはボード上の既設コイルはそのままとしてテストを繰り返しました。残念ながらなかなか簡単にはゆかず、現時点では3種類のジャンパー線が必要です。(一部はコイル状)

DSCN1893.jpg

どうもこれでは面白くないので、コイルに手をつけることになりそうですが、どうなることやら。巻き数を減らすのはともかく、増やすのは適当な線材もなく探してこないといけません。


スポンサーサイト
[ 2014/04/09 20:34 ] Antenna | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/2607-edb5821a