KX3 Logger32でもっと便利に使う

KX3本体にはPFキーが2ツあるので、最大2ツまではマクロに割当てることができます。これについては既に紹介しました。
Logger32からRCPを使ってコマンドを送ることにより、もっと便利に使うことができます。例えば、KX3にはAGC Slow/Fastの切替、Dual watch ON/OFFの切替用のボタンがなく、いちちメニュー操作をしなければなりません。
以下に説明するのは、AGC Slow/Fast、Dual watch ON/OFF切替、IF 8KHz/0の切替用のコマンドをRCPに割当てた例です。
WS_2014_374.jpg


AGC-S (AGC Slowに切替)
$command MN129;MP000;$   'メニューを呼び出してAGC SPDのパラメータをSlowにセット
$command #wait1.0#MN255;$  '1秒後にメニューモードを解除 

AGC-F (AGC Fastに切替)
$command MN129;MP002;$
$command #wait1.0#MN255;$

+RX (Dual watch ON)
$command MN140;MP016;$
$command #wait1.0#MN255;$

OFF (Dual watch OFF)
$command MN140;MP000;$
$command #wait1.0#MN255;$

IF 8K (IF 8KHzに切替)
$command MN142;MP001;$
$command #wait1.0#MN255;$

IF 0 (IF 0に切替)
$command MN142;MP000;$
$command #wait1.0#MN255;$

MPは、K3/KX3用に特別に用意されているコマンドです。詳細はK3/KX3 Programmers Referenceに説明があります。


スポンサーサイト
[ 2014/04/06 11:55 ] Elecraft KX3 | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/2604-1adcd32b