Logger32 ICOM TransceiverのVFO Bを読むには

ICOM Transceiverはどういう訳かVFO Bの周波数、モードを読むためのコマンドが用意されていません。Logger32最新版では、次のようにしてVFO Bの周波数、モードを読む機能が追加されました。但し常時読む訳ではなく、Splitモードにした時、或いはあるマクロを発効した時にのみ読みます。

1) Radio1、或いはRadio2の設定画面を開く
2) Custom settingをクリック
3) Read VFO-B Macroにはあらかじめコマンド群が設定されています。但し,xxは機種毎に割り当てられているアドレスに変更します。
4) Execute Read VFO-B Macro when split detectedにチェックを付けます。最後にApplyをクリックします。

WS_2014_202.jpg


以上でTransceiverがsplitモードになった時、1度だけVFO Bの周波数、モードを読みにゆきます。更に任意のタイミングで読むためのマクロ、 $IcomVFOB$ を使うことができます。



スポンサーサイト
[ 2014/02/27 09:02 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/2572-83a4e6b4