アンプの比較

海外でKX3と組み合わせて使うことを前提にして色々なアンプを試用してきました。若干不具合があり既に整理した機種を除き、現在手元にある機種を比較してみました。

1) KXPA100(ATU内蔵)
・ 最大出力は100W、電源はKX3と合わせて20A以下
・ 重さは2.4Kg
・ FAN無しで「騒音」発生源がない
・ バンド切替は自動のみ(専用ケーブルを使うか、或いは入力RF検出)

2) HL100BDX
・ 最大出力は100W、電源はKX3と合わせて20A以下
・ 重さは2.4Kg
・ 内蔵ATUなし
・ FAN無しで「騒音」発生源がない
・ バンド切替は手動のみ(但しFT817の場合は自動可能) 使い難い

3) HLA150V Plus
・ 最大出力は150W、電源はKX3と合わせて25A以下
・ 重さは2.1Kg
・ 内蔵ATUなし
・ FANあり。常時低速で回っているが静か。温度上昇で高速回転になるとかなりうるさい。但しテスト不足
・ バンド切替は手動と自動(入力RF検出)

4) HFSuperpackerPro ver2(キット)
・ 最大出力は100W、但し28MHzは80W。電源はKX3と合わせて20A以下
・ 重さは1.4Kg
・ 内蔵ATUなし
・ FANあり。設定温度以上で回るが相当うるさい
・ バンド切替は手動と自動(入力RF検出)

勝手な総合評価は、次のようになります。特に欠点がないのがKXPA100、最大パワーが若干大きいが内蔵ATUなしのHLA150V Plus、内蔵ATUなしで、かつバンド切替が面倒なHL100BDX、FANがうるさいHFSuperpackerPro。来年はどれを持ってゆきましょうか? トレード候補もいるし、、、

KXPA100 > HLA150V Plus > HL100BDX > HFSuperpackerPro ver2


スポンサーサイト
[ 2013/12/28 16:48 ] Small Amp | Trackback(0) | Comment(2)

今までKX3は単体で使っていました。KXPA100に興味がありますが、やっとKPA100が完成しそうです。そうなるとK2につないでいたHL100BDXがお役ご免となり、KX3に投入できそうです。バンドチェンジが難点ですが、悪いアンプではないですね。
[ 2013/12/30 00:09 ] [ 編集 ]

HL100BDX
逆方向のSWを追加するとか、前回使ったバンドからスタートするとか。でも今となっては言っても仕方ないですね。
FAN無しで静かだし、いいのですが、、、

KXPA100
ALC制御の場合、バンドによる出力の違いがちょっと大きいのが気になります。
ALC無しの場合、5W入力しか見ていませんが、こちらはバンドによる違いがわずかです。
[ 2013/12/30 07:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/2531-4d4c8634