Logger32 ver3.47.16

Auto updateで入手できる最新版はver3.47.16です。BandMapの表示関連の機能強化があります。
メニューのConfigをクリック、更にSetup line highlightをクリックします。Setup BandMap line highlightテーブルが表示されます。 ModeはTransceiverのMode、周波数幅の意味は、例えばこの例のCWは、最初にクリックしたspotを中心に±1200Hzの範囲を対象にするということです。

ScreenShot2_2003-323.jpg

1) Receive Bandwidth
あるspotをクリックした時、周波数スケールとspotを結ぶ直線の色が指定できます。更にMode別に指定した周波数幅内のspotについても、spotと周波数スケールを結ぶ直線もこの指定して色になります。例では赤を指定してあります。
PZ1DVは21018.0、HL2AVSとRU0ZM/OXは21017.9です。

ScreenShot2_2003-322.jpg

2) Band segment of interested
任意の周波数幅を指定し、この範囲のspotについて周波数スケールとspotを結ぶ直線の色を指定できます。例では緑を指定してあります。テーブルで指定した21000~21050のspotについて、周波数スケールとspotを結ぶ直線が緑で表示されます。

ScreenShot2_2003-318.jpg



スポンサーサイト
[ 2013/09/24 10:02 ] Logger32 | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/2443-a7a08235