P29VNX

今日も朝から暑いのですが、やっぱりアンテナが気になるので庭で簡単なチェックをしてみました。
アンテナはご覧の通りで、給電点を地上高1.2m程に持ち上げ、各バンド専用のラジアルを3~4本斜めにおろします。バンドによって傾斜角度が違ってきますが、30~45度位になります。
エレメントはBuddiPoleのLongWhipとArmを組み合わせます。24MHz以上はWhipだけ、21MHzはArm 1本、18MHzはArm 2本、14MHzでArm 3本となります。
ScreenShot2_2003-205.jpg

18MHz以上はWhip+Armでフルサイズ、14MHz以下は給電部にコイルを入れます。各バンドともに共振周波数でSWRは1.2以下、14MHzでもバンド全体で1.5以下になります。10MHzでのテストは見送りましたが、ラジアルだけ用意して持参します。

DSCN1518.jpg

DSCN1519.jpg



スポンサーサイト
[ 2013/08/16 12:44 ] DX Vacation P29VNX_2013 | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/2400-93d39965