Lookup HamQTH_XML ver1.7

Callsign lookup utilityのLookup_HamQTH_XML ver1.7をリリースしました。ver1.6以降の変更は次の通りです。
・ 外観の変更
・ Optionメニューの変更

Lookup_HamQTH_XMLを起動すると次のような画面を表示します。Logbook entry windowをクリアした時もこの画面になります。

PrintScreen2013_281.jpg

次のいずれかの操作でデータを表示します。
・ Logbook entry windowにcallsignを入力してTABキーを押す、或いはOptionメニューのSearchをクリック
・ DX spotをクリック
via欄には、info欄(モトネタのqsl_viaデータ)からcallsignのみを抜き取って表示します。
各欄はクリックでLogbook entry windowに補填されます。

PrintScreen2013_282.jpg

Optionメニューの"Show All fields"にチェックがついていない場合のデータ表示は次のようになります。

PrintScreen2013_283.jpg

HamQTH XMLサービスを利用するには登録(無料)が必要です。またサーバーへの接続時間は連続1時間程度に制限されています。接続が切れるとメッセージを表示するので、Lookup_HamQTH_XMLを終了し、再起動してください。

お知らせいただければファイルをお送りします。


スポンサーサイト
[ 2013/05/19 17:43 ] DX Vacation | Trackback(0) | Comment(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/2321-37fde561