アンテナのトラブル その後

SteppIRTrouble_2.jpg

切れたSteppIRのコントールケーブルを簡単に張り替える訳にもゆかず、とりあえず動けばラッキーということで、強引に応急処置。脚立にのれば楽に手が届くので、12本の芯線とシールド線をそれぞれより合わせてみました。
ここでひとまず簡単にチェックしてみたところ、14MHzのNormal Directionだけが共振点が見つかりませんが、その他のバンドはOKのようです。14MHzは180 DirectionにするとOKです。
より合わせた箇所に簡単にテープを巻いただけで作業終了としました。

切れたケーブルの付近を見ると、一緒になった2本の同軸、Rotorのコントトールケーブルは何かに引っかかって、引っ張られたような形跡があり、同軸も含め1~2箇所被覆がはがれてしまっているところもあります。
近々予定しているアンテナ交換の際はケーブルも全て交換ですが、それにしてもFTIからは見積もりが送られてきただけで、何の連絡もありません。頼りなんだから何とかしてよ、FTIさん!

(追記)
念のため、コントローラに接続するコネクタで取扱説明書に記載されている抵抗値をチェックしてみました。あれあれ、Directorエレメントのモーター制御ピン間が無限大です。他のエレメントでは正常値の20オーム前後でした。
結局これではDirectorエレメント長が全く制御されず、まともなビームアンテナとして動作していないことが分かりました。
何処かまだ切断箇所があるのか、モータートラブルかのどちらかでしょうが、もはやお手上げ、、、


スポンサーサイト
[ 2013/04/28 13:46 ] Antenna | Trackback(0) | Comment(2)

あら、なかなかうまくいきませんね。
やっぱり電気仕掛けのアンテナは無理があるのでしょうか?
[ 2013/04/28 22:27 ] [ 編集 ]

何が原因だったのか分かりませんが、おかしな動作に悩まされました。
EHUを交換したり、コントローラを交換したり、挙句の果てがコントロールケーブル切断、同軸にも傷つけ等々。
今度はまた小さな、「普通の」アンテナにする予定です。
[ 2013/04/29 06:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/2297-ed967c50