K3にP3を追加

P3.jpg

先日「お尻姿」をご紹介しましたが、P3キットが到着したので早速組み立てました。約1時間で完成、
操作に慣れるのに少し時間がかかりそうですが、何はともあれ大きなパイルアップに参戦する際の有効な使い方を勉強することにします。

これは夕方の21CWでのT2YYを呼ぶパイルアップの様子です。緑の帯のところにT2YYがいますが、その上にずらっと並んで呼んでいるのが見えます。でも注意して見ると、あまり混んでいないところ、全く何も見えないスポットもあったりして、これは耳だけで探るよりずっと楽そうです。赤の帯はsplitモード時のVFO-Bの周波数です。

P3_2.jpg

私のK3は古いほうなので、IF出力アップの改修が必要と思われますが、それは後回し。
これでTS990に対抗!


スポンサーサイト
[ 2013/03/27 18:23 ] Elecraft K3 | Trackback(0) | Comment(4)

いいですねぇ。

LP-PANを紹介してもらい調べたのですが、TS-480はIF出力端子がなくて、基板からピックアップしないといけないので、断念しました。

手放したK3を懐かしんでます。Hi
[ 2013/03/28 09:34 ] [ 編集 ]

見ているだけで楽しくなります。パイルの中でただやみくもに呼びまくっても無駄だということが良く「見えます」
K3、P3の組み合わせでなければできないこともあります。
K3を手放されたのは残念だったですね

これからK3本体の改修をやることにします。SMDの抵抗を1ケだけ交換します。
[ 2013/03/28 10:36 ] [ 編集 ]

導入されましたね。
パイルの時に力強い味方になってくれると思います。
是非P3の良さを堪能されてください。
[ 2013/03/28 12:45 ] [ 編集 ]

はい、SubRXで聞いているだけではなかなか隙間を見つけるのが困難ですが、これだと全体が分かります。これで備えだけは完璧ですが、、、

昨日、このテストでTK2INTのパイルを聞いていましたが、見事にQSOされているのが見えました(聞こえていました)

[ 2013/03/28 14:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/2267-b67d66d3