HFp Vertical Antenna

ちょっと興味があったのでテストしてみました。
分解すれば60cm以下、重さも1Kg程度しかなく持ち運びに好都合です。

簡単なベースに垂直エレメントを固定するロッド、リールにまかれた3本のラジアルワイアを取り付けます。垂直エレメントはヘリカル状にワイアが巻かれたパイプが6本、最大でも50cmしかないWhipを準備します。この他にステーワイア、専用バッグ等も附属しています。

DSCN1283.jpg

バンド切替は、チャートに従って垂直エレメンの組み合わせ、Whip長を変えます。ラジアルもバンドによって長さを変えますが、ワイアにマークが付けられているので簡単、あまり神経質になることはありません。

DSCN1279.jpg

DSCN1281.jpg

ほぼチャートに従ったセッティングで目的の特性が得られました。但しこのアンテナの2m横にはタワーがあり、決していい条件ではありません。各バンドのSWR最小値、SWR 2以下の帯域をメモしてみました。
28.1MHz 1.4 3200KHz 垂直エレメント長は2m、ラジアル長は1.2m
24.9MHz 1.5 800KHz
21.1NHz 1.6 800KHz
18.1MHz 1.5 800KHz
14.1MHz 1.4 400KHz
10.1MHz 1.2 400KHz
7.005MHz 1.5 200KHz 垂直エレメント長は2.9m、ラジアル長は5m

意外に広帯域です。設置場所の条件がよければ、小型、軽量、バンド切替もまずまずなので予備アンテナとして持ってゆくにはいいかも。


スポンサーサイト
[ 2013/03/19 11:08 ] Antenna | Trackback(0) | Comment(2)

お邪魔します。軽量のバーチカルですね。グランドラジアルは付属のワイヤーですか?離島に沢山の機材で移動して大変な思いでしたので、軽くコンパクトなアンテナはいいですね。
[ 2013/03/22 06:10 ] [ 編集 ]

お早うございます。
グランドラジアルは附属のワイア3本だけです。ただこの物理的な長さは1/4波長よりずっと短くなっています。例えば7MHzでは5mしかありません。
何とか自立しますが、附属のステーロープで支えないと不安定です。

それなりに飛べば言うことナシですが、、、
[ 2013/03/22 06:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/2258-df5b6797