HAM Radio by JA1NLX

Logger32に関する質問は歓迎しますが、その前に日本語ヘルプ、入門編、上級編をお読みください。

Logger32 次期バージョン (3)

12) 2Toneのデコード画面 受信した単語単位でLogbook entry windowに転送することができる。任意の単語にマウスを置けば赤表示になる。そこで右クリックし転送先を選択する。

PrintScreen2013_121.jpg

13) MMTTY、MMVARIのSO2R、SO2Vメニューでも2Toneが選択できるようになった。但し、MMTTYで使う場合は、MMTTY2フォルダにも2Tone.exeを置く。

PrintScreen2013_122.jpg

14) DX spot windowの自動フリーズ
Telnet windowと同様に、以下の操作のいずれかで自動的に10秒間フリーズする。
・ DX spotの表示エリアでのマウススクロール
・ 水平、或いは垂直スクロールバー操作

15) DX spotのコメント欄に指定の単語が含まれる場合、アラーム音を鳴らしたり、DX spotの背景色を変えたりすることができる。例えばコメント欄にCQ、TNXがある場合に注意喚起したい場合は、*CQ*、*TNX*と書く。

PrintScreen2013_123.jpg

DX spotの背景色を変えるには、

PrintScreen2013_124.jpg

結果は次のようになる。

PrintScreen2013_125.jpg

16) Callsign lookup window (Internal、External)
データのURL、e-mailにリンクが設定された。クリックすればBroeserが開いてURLの内容を表示、メールプログラムの新規メール作成画面が開く。

PrintScreen2013_126.jpg



今後、更に追加があるかも知れません。


スポンサーサイト
  1. 2013/02/26(火) 14:39:32|
  2. Logger32
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<HF SuperPacker Pro ver3 LPFボード (3) | ホーム | Logger32 次期バージョン (2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/2242-6e292b87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)