HAM Radio by JA1NLX

Logger32に関する質問は歓迎しますが、その前に日本語ヘルプ、入門編、上級編をお読みください。

Sigma-5 再チェック

DSCN1239.jpg

Brabo-5と同じ垂直ダイポールで、2008年の3D2YAで使いました。久しぶりにこちらも再チェックしてみました。
Bravo-5と違って、エレメントの長さの調整は困難ですが、より広帯域なので共振周波数をあまり気にすることなくバンド全体で使えるメリットがあります。

共振周波数とSWR、SWR 2以下の帯域です。各バンドのコイルの調整もせずに以下のような結果になりました。

27.46 1.2 全バンド
24.85 1.1 全バンド
21.02 1.2 全バンド
18.00 1.6 全バンド
14.10 1.3 全バンド

全体の重量は、Bravo-5が3.4Kg(専用の三脚込み)、Sigma-5が3.2Kgです。どちらも分解すれば中型スーツケースに納まる長さになります。


スポンサーサイト
  1. 2013/02/03(日) 11:49:22|
  2. Antenna
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<CallsignLookup_QRZ XML | ホーム | 今日のスケッチポイントは、>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ja1nlx.blog109.fc2.com/tb.php/2219-20ce4422
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)